肝臓の病気

男女

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が溜まってしまう病気の事を言います。正常の肝臓にも脂肪は付きますが、正常の肝臓の脂肪率よりも高い数字になることで脂肪肝と診断されます。脂肪肝の主な原因は、アルコールと肥満と糖尿病の3つです。お酒を良く飲む人や運動不足で肥満体型になってる方に多く見られる病気です。最近では、30代~40代の方を中心に脂肪肝と診断される人が増えています。脂肪肝には種類もあります。アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝の2種類に分かれます。アルコール性脂肪肝は、主にお酒を飲み過ぎることが原因とされています。お酒を飲み過ぎる事で、アルコールが肝臓の中で分解されずに異常を起こし肝臓に脂肪が溜まっていく症状です。非アルコール性脂肪肝は、肥満が原因とされています。肥満の方は、普段運動などをしないため肝臓に脂肪が溜まりやすくなっているのです。また、日々の生活習慣の乱れを起こすことで、脂肪が落ちにくくなる原因にもなります。

脂肪肝は、改善する事ができます。脂肪肝の改善には、様々な方法があります。お酒をよく飲まれる方は、お酒の量を減らすことが重要です。お酒を減らすことにより、アルコールを分解する肝臓にも負担をかけることがなくなるので、肝臓に脂肪がつきにくくなります。また、肥満の方は、日々の食事の栄養バランスを考える事が重要です。また、ウォーキングやストレッチなどをして体を動かすことにより、肝臓に脂肪がつきにくい体づくりをする事が大切です。肝臓肝にならないように、日々の生活習慣を改めることで肝臓肝の病気を予防することが出来ます。